いまさら出産レポ❽最終話《やっと産まれた!!》

前回まで

陣痛開始から22時間半。

色々あって結局

最終的に緊急帝王切開することに。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
前回までの記事はこちらから↓
いまさら出産レポはじめます

いまさら出産レポ❶《ガーン…太りすぎ》

いまさら出産レポ❷《おしるし?》

いまさら出産レポ❸《陣痛がやってきた!》

いまさら出産レポ❹《夫、急ぐ!》

いまさら出産レポ➎《まさかのトイレで!?》

いまさら出産レポ❻《衝撃の無理やり破水と分娩停止》

いまさら出産レポ❼《手術までの地獄の道のり》

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

寒気でゾクゾクしながら

明るい電気をぼーっと見ながら考えていました。

 

そして・・・

 

声になりませんでした。

 

元気に泣いた後

助産師さんが隣に連れて来てくれました。

 

陣痛でとにかく痛かった時は

辛すぎて、

自分のことしか考えられなかったけれど

この小さな小さな息子も

お腹の中で苦しんで

それでも産まれる為に一生懸命

頑張っていたんだなと思うと

胸がいっぱいでした。

 

その後息子は、計測や処置をしてもらい

保育器へ。

(帝王切開で産まれた赤ちゃんは、1日は保育器の中で過ごすとのことでした)

 

私は息子と対面した後は、

完全に意識が落ちて爆睡してしまい、

気づいたら処置など全部が終わっていました。

(帝王切開は術後がめちゃくちゃ痛いことなど知る由もない・・・)

 

レントゲンを撮れなかったので

(参照⇨いまさら出産レポ❸《陣痛がやってきた!》

なぜ息子がおりてこれなかったのかは

今となっては分かりませんが

本当につっかえてたのかも!?

ってくらいのほっぺたでした(笑)

そして、今もそのぷくぷくほっぺは健在です。

↑画像は1歳3ヶ月の時のイラスト

最後に

妊娠中、

『お産は人それぞれ』と

よく言われていたものの

いまいちピンとこなかったのですが

(陣痛が来て、間隔が縮んでイキんで産むから、皆一緒なのでは?と思っていたアホな自分を殴りたい)

自分が経験してみて

イメージしていた出産と全く違っていたので

すごーく納得。

 

みんな大変な思いをして

産まれてきているんですね。

 

命が産まれるって本当に奇跡。

今日を生きているのも

奇跡のようなものですね。

 

あんなに小さかった息子も、今は2歳半。

月日が経つのはあっという間ですね。

 

いまさらの出産レポでしたが

記録に残せて良かったです。

描きながら、あの時の気持ちを

たくさん改めて思い出しました。

息子が大きくなったら

話しながら読ませてあげたいです。

 

これで「いまさら出産レポ」はおしまいです。

これまでお付き合いいただき

ありがとうございました!

産後のエピソードもまたいつか

気が向いたら描けたらなぁと思います。

 

また通常の記事もよろしくお願いします♫

Advertisement