家が全壊❸【西日本豪雨災害の記録】

前回の話はこちらから↓

【西日本豪雨災害の記録❷】

夜は長く・・・

段々と疲れが出てきた頃。

ラジオは情報と曲を

30分毎に流していたそうです。

(前回記事参照↓)

【西日本豪雨災害の記録❷】

ラジオから聞こえる言葉に励まされ

少し元気をもらった祖父母。

長い夜が明け、やっと外が明るくなった頃

お隣さんから声をかけてもらいました。

ご近所同士の励まし

お隣さんとはいえ、道を挟んでおり

その道は、もはや川と化していました。

どうやって水をもらったかというと・・・

 

なんと穴が空いたビニール袋だったらしい。

泥水に「ぽちゃん!」と落ち

流れていくペットボトルを

残念な気持ちで眺めたそうです。

気を取り直して3回目。

見事に水を受け取った後は拍手され

思わず手を振ったとのことでした。

 

おじいさんが屋根の上にいるのだから

みんなハラハラしながら

見ていたことでしょう・・・

 

この時、いただいた水のおいしかったこと。

「ほんまに・・・美味しかったんよ。」と

後に祖父母は語ってくれました。

 

救助が来るまでの避難中は、

暗く辛いだけではなく

こうやって笑顔の瞬間もあったようでした。

 

続きます。

Advertisement