家が全壊❼【西日本豪雨災害の記録】

前回はこちら↓

【西日本豪雨災害の記録➏】

避難所になった町民センターへ

お迎えにいったはずが

まさかの置き去りになってしまった

祖母でした。

テレビ電話でひ孫と対面

なんか母が、ごにょごにょしてる?と思ったら

たまたま電話をかけたタイミングで

祖母が到着しました。

 

何もかもが水に流されて、

命の危険すらあったのに

こんな状況でも

ひ孫(のお菓子)のことを

思ってくれるとは・・・

 

ひいじいじと、ひいばあばの

ひ孫への愛のパワーはすごいですね。

結局本当に必要なもの

流されて残念といえば・・・

先日広島に帰省した際(被災から約1か月後)のこと。

 

祖父母から色々話を聞いている時

こんな質問をしてみました。

何も持って避難できなかった話はこちら↓

【西日本豪雨災害の記録➊】

 

全て失った今、振り返ってみると

一体何が1番大事だったんだろう・・・?

 

私はてっきり

思い出の品や、お気に入りの物、

作品とか宝飾品、

貴重品かな・・・?と想像していました。

 

 

 

 

2人の答えはこうでした。

 

 

 

 

もちろん、失って残念なものは沢山あるけれど

結局そういうことらしいです。

 

予想外の答えにびっくりしました・・・

 

おまけ

今回のこともあり

先日、我が家でも

夫婦で災害時の備えの見直しや

避難場所の再確認などをしました。

いつ自分の身に起こってもおかしくない、と

想像しておくことが大事ですよね。

ちなみに我が家の防災グッズは

結婚してからネットで

2人分セットの物を買いました。

(ひとつのリュックに2人分入ったもの)

今はそこに息子のものや

他に必要な物なども入れています。

結婚祝いに防災セットとかも

ありだなぁ・・・と

そういえばその時思いました。

使う機会が無いのが1番いいのですけどね。

 

次回からは被災後の様子を書いていきたいと思います。

 

Advertisement