家が全壊❽【西日本豪雨災害の記録】

前回はこちらから↓

家が全壊❼【西日本豪雨災害の記録】

 

私の実家に避難した祖父母。

一緒に避難したお隣さんは

親戚の方がお迎えに来て、そちらに行かれました。

被災後1日目の話

 

保険証はすぐに再発行してもらえたそうです。

 

 

「初めて線路を歩いた。」と言っていました。

車が数台、線路上に流されていたので

電車は当然通れません。

 

祖父母の家は、線路よりも低い土地だった為

まだ水が引いてなく、車も道に浮いている状態。

 

家に近づくことも出来ず

変わり果てた我が家を見て、どんな気持ちだったのか・・・

私には想像もできません。

 

この日は何も出来ず、帰ったそうです。

 

ちなみにこの翌日も、翌々日も

まだ水が引かず全く近付けない状態でした。

 

ようやく少しだけ

関東や中部に住む私の弟や、叔父が到着。

この頃ようやく水が引き

腰の高さまであった土砂が重機で掻き出され

家の近くまで行けたようです。

 

しかしまだ家の前までは近付けず・・・

隣のマンションに入れてもらい

様子を上から初めて確認できました。

 

庭には、よその家から流れてきた家具や瓦礫、

土砂などでぐちゃぐちゃでした。

やっと敷地内へ

敷地に入るためにはまずは門を壊し、

中に入るためには窓を割り

ぐじゅぐじゅのヘドロの中を進むためには

ドアや家具を壊して下に敷く・・・。

 

私の弟は

「俺、窓を割ったり、ドアを壊したり・・・

初めてしたよ」と言っていました。

続きます。

 

 

Advertisement