家が全壊❾【西日本豪雨災害の記録】

前回はこちら↓

【西日本豪雨災害の記録❽】

被災から5日後

やっと家に入ることが出来ました。

被害の状況

家の中は想像を超える悲惨な状況で

言葉を失ったと言います。

(↑被災直後)

(↑被災から1か月後)

 

冷蔵庫は逆さまに立っていたそうです。

冷蔵庫を外に出し、酷暑の中で

腐敗した中身を処分する作業は酷かったようです。

 

 

(↑被災1か月後)

(↑被災前)

地面が随分高くなっていました。

 

私が上の写真を撮影したのは1か月後で、

土砂は乾いて固まっていましたが

被災直後は、すべてぐじゅぐじゅのヘドロ状態。

家の中に進むまでも、大変だったことが想像できます。

被害状況続き

ここから先の画像は

すべて被災から1か月後に撮影したものです。

和室。

畳などは運び出された後です。

壁は剥がれおちていました。

廊下。

大量の土砂が流れ込み山のようになっていました。

1か月たった時点でもまだ固まっておらず

足がはまりました。

まくしあげれば大丈夫かと思っていたカーテン。

(参照:【西日本豪雨災害の記録❶】

ガチガチに固まっていました。

洋間。

家具などは運び出した後です。

一体どれだけの土砂が堆積しているのか・・・

床は見えませんでした。

信じられないことにキノコも生えていました・・・

 

トイレやお風呂などは

まだ踏み入れることの出来ない状況でした。

失ったもの

祖父母は数年前から

自分たちの先のことを考え、断捨離を進めていました。

 

家にあったものは

思い入れがあったり、気に入っていたり、

一生、そばに置いておきたかった物。

次の世代に引き継ぎたかった物。

今の自分達の暮らしに合うように選び直した物。

大事な物。大切な物・・・

 

何でも良いわけではなく

吟味してこだわって。

素敵で大切なものに囲まれた暮らしをしていた

二人にとって、何もかも失うことは

どんなに辛かったことか。

 

80数年、真面目に一生懸命生きてきて

人生の終盤で、何故こんな目に

あわなくてはならないんだろう・・・・

 

お盆の帰省時、2人と話していて

涙が出てきた私に、祖父母はこう言いました。

 

続きます。

 

 

 

Advertisement