家が全壊⑫【西日本豪雨災害の記録】

前回の話はこちらから↓

【西日本豪雨災害の記録⑪】

最初の記事はこちら↓

【西日本豪雨災害の記録①】

 

体調を崩し、入院した祖父。

祖父に会いに私と息子は広島へ。

そして新聞社から取材を受けました。

記者さんとのやりとり



 

 

こ、これが速記…!!!

全く読めない!!(←失礼・・・でも本当にイラストのような感じでした)

マジックでさらさらーっと。

 

こちらの話は目を見てしっかり聞いてくださっていて、頷いたり質問しながらものすごいスピードで要点を書いているので(多分)本当に驚きました。

失礼を承知で

「これ…読めるんですか?」と聞いてしまった。

 

読めるらしい。

でも1ヶ月以上時間を置いたりすると、ちょっと厳しい時もあるらしい。

 

いやー、すごい。

 

色々丁寧に話を聞いてくださり、記者さんは帰られました。

掲載時期は未定だそうです。

(掲載無しもあるかもしれません)

そして…

 

おじいちゃん

元気すぎるから不死身なのかと思っていました。

(被災時(その③)では屋根にも上っていましたね・・・)

 

 

広島滞在中、毎日病院に会いに行っていましたが、日に日に様子が変わっていくのを感じていました。

もしかしたら、今回の帰省が祖父と話せる最後の時なのかもしれない・・・とも思いましたが、まさか会うことすら最後になるなんて。

こんな内容の記事を書くことになるなんて。

けれど、広島に行っていて良かった。

感謝の気持ちも直接伝えられました。

 

本人も周りも覚悟が出来ていたので

最後は穏やかで幸せな時間を過ごせたのだと思います。

 

思い残すことのない幸せな人生だった、と。

(↑昨年の敬老の日に贈った似顔絵を加工しました)

 

続きます。

 

Advertisement