複雑な気持ち?

いつもご覧いただきありがとうございます。

3歳の息子の育児エピソードを綴っています。

今回は息子にとってちょっと恐い存在の話。

登場はいつも突然・・・

 

 

 

 

 

最近、何でも

自分で!一人で!と頑張る息子。

一生懸命パジャマを着ている間に

母はパック装着。

 

 

一瞬固まって目が泳ぐ息子。

時々急に現れる「マスクマン」が恐いらしい。

(そりゃそうだろう・・・)

恐い・・・だけど。心の葛藤

 

 

マスクマンは基本良い人っぽいけど

何といっても顔が恐い。

おばけのようだ。

 

目を合わせることが出来ず

うつむいたまま、逃げることもあるのですが

この日は・・・

 

なんと握手を求めてきた・・・!

(すぐ離してほしそうにしていたけど)

 

恐いけど、よく家に来るし

いつもすごく話しかけてくるし、

どうも悪い奴じゃないっぽいし・・・・

 

っていうか、なんかお母さんっぽいんだけど

声も顔も違うしなぁ・・・・

ちょっと今日は勇気を出してみようか・・・

 

 

恐る恐る握手しながら泳ぐ目に、

そんな心の葛藤が見えました。

 

握手をしてから少し自信がついたのか

翌日からはマスクマンが現れると

ビビりながらも一生懸命

話しかけるようになりました。

(声は相変わらず小さいけど)

 

息子:「今日も来たんですか・・・。

今、僕お風呂入ったの。

お母さんかもしれないって思うけど

違うっすか・・・?」

 

マスクマン:「違う!」

 

息子:「あー!そっかぁ違うか~~ズコー!」

 

打ち解けたのか(?)

急にズッコケたりしちゃって

なんか仲良さげになってました!

Advertisement